夜勤太りにおすすめな看護師のダイエット法

人間は日中に活動し夜眠る、といった生活リズムを基本として生活しています。夜勤はこの基本的な生活リズムと逆の生活になるため、どうしても生活リズムが乱れやすくなります。夜勤中にあまり食べていなくても脂肪が付きやすくなるのは、このためです。特に肥満分子と呼ばれる「BMAL1」といった成分が22~2時に最も増えるといわれており、この時間帯に食べてしまうと脂肪が付きやすくなってしまうため注意が必要です。

看護師の夜勤は体力勝負でもあり、無理なダイエットは体調を崩しかねません。夜勤太りを解消するには、まず食事をする時間を見直しましょう。22~2時はBMAL1が多くなり太りやすくなるため、この時間帯での食事は避けた方が賢明です。夜勤の前は栄養バランスが取れた食事をしっかりと摂ることで、夜勤中の食事量を減らすことができます。

夜勤中の食事も炭水化物だけにせず、サラダや焼き鳥・冷や奴といったような野菜やたんぱく質を一緒に撮ることが大切です。食べる順番も炭水化物からではなく、野菜から食べるように心がけましょう。夜勤の時間は食事内容が脂肪に変わりやすい時間帯でもあるので、甘いものや脂っこいものはできるだけ避けることも忘れてはいけません。また、夜勤明けも大量に食べてすぐ眠る、といった生活をしていると太りやすくなってしまいます。夜勤明けの食事は食べすぎずに、よく噛んで食べるようにしましょう。お腹が空いている時間が長くなりすぎるのも太りやすくなるため、夜勤明けに味噌汁のような軽い食事をすることも大切です。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目の記事

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報