おすすめのダイエット方法とは

看護師は動きっぱなしで休む暇もないため、常に体力を消耗しています。しかし、体力を消耗する以上に食べることで太りやすくなってしまうのです。看護師が太りやすい原因として挙げられるのが夜勤です。夜勤の真っ只中である午後10時から午前2時は、1日の中で最も脂肪を吸収しやすい時間となります。特に午前2時はピークであり、その時間に食事をとると太りやすくなるのです。夜勤は長いため、どうしてもお腹が空くものです。空腹が長引いても脂肪を吸収しやすくなるので我慢は禁物ですが、この時間は避けて食べるか、味噌汁やガムなど軽めのものでしのぎましょう。

また、看護師はなかなか休暇が取れないほど激務です。ストレスが溜まる一方なので、食べて発散させるという看護師も少なくありません。休憩中にお菓子をつまんだり、休日は自分へのご褒美と称して食べ過ぎることも多いのです。つい食べ過ぎてしまう場合は、夜に白米を食べないとか、寝る3時間前には食事を済ませておくなどの工夫をしましょう。

看護師のダイエットで有効なのが、勤務中にカロリー消費をすることです。例えば、ナースコールが鳴ったら積極的に対応しに行くとか、お腹やお尻に力を入れて歩くなどが挙げられます。また職場が歩ける距離にあるのならば、歩いて通勤することもカロリー消費になります。他にも、エレベーターではなく階段を使ってみましょう。動きっぱなしであることを逆手に取れば、ダイエットにも繋がります。このように夜勤のある看護師のダイエットは、やり方を工夫することで成功に導くことができるのです。

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目の記事

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報