看護師が夜勤で太る理由

看護師は夜勤に入ると太ると言われていますが、一体なぜ、夜勤で太ってしまうのでしょうか。その理由としてまず第一に挙げられるのが、夜勤のストレスによる暴飲暴食です。夜勤は小人数で勤務するため、一人ひとりの看護師にかかる責任や負担がどうしても増えてしまいます。この夜勤のストレスから解放された朝方に、ご飯をたくさん食べてしまうのです。眠る前に大量に食べると、太りやすくなります。このような状況が続けば、いくら頑張って働いたとしても、少しずつ太ってしまうのです。

その他、夜勤中に間食したり、お弁当をたくさん食べてしまったりすることも、太る原因です。救急外来のない病院の場合、看護師はゆとりを持って働けるケースが少なくありません。時間に余裕があると、休憩時間についつい食べ過ぎてしまうものです。このような行動の繰り返しが、体重の増加を招きます。

では、看護師が夜勤で太るのを防ぐためには、一体どうすれば良いのでしょうか。まず第一にポイントとして言えることが、決して食べ過ぎないことです。どれだけ看護師として一生懸命働き、たくさんカロリーを消費しても、夜勤明けにたくさん食べてしまえば、その頑張りが無駄になってしまいます。夜勤明けは炭水化物を摂らないなど、食生活に対する強い意識改革が必要です。また、休みの日にジムに通うなどして積極的に運動することも、ダイエットに役立ちます。筋トレをして基礎代謝を上げれば、太りにくい身体を実現することが可能です。